夫婦の愛が高まれば、肥満防止意識も高まります

夫婦の愛が高まれば、肥満防止意識も高まります
肥満防止には、周囲がいくら言うよりも、本人の自覚が大事。だんな様のモチベーションをうまく上げるために、妻の愛がここでも大事です。
「スリムなジーンズを購入して、目標にしては?」
まずは、結婚式の頃、あるいは二人が交際し始めた頃の写真が入ったアルバムを用意しましょう。
現在はすっかりメタボ腹のだんなさまも、20代後半や30代前半の頃は、今よりきっとほっそりしていたはず。人によっては、当時と体重が10キロぐらい違うなんていう人もいるかもしれません。
その写真を二人で眺め、当時のだんな様がいかに素敵であったかを褒めちぎってください。あくまでも今のだんな様をけなしてはいけません。過去をほめられることによって、だんな様の中に「昔の体形に戻りたい」という気持ちが自然とおきてきます。まずは本人に「昔の自分」を思い起こさせるわけです。


次に、だんな様の新しい服を一緒に買いに行きましょう。
今はちょうど冬物から春物に変わる季節。新しいスーツやカジュアルパンツなど、おなかに注目が行くものがお薦めです。
いざズボンを買う場面になれば、イヤでも意識せざるを得ないのは自分のウエストサイズ。自分のメタボ腹を大きな鏡で眺めたり、入ると思っていた昔のサイズが、いまはパンパンだったり、目指すブランドにサイズの合う服がなかったりなど、服を買う場面では、メタボなだんな様にとって厳しい現実がどんどんと目の前に突きつけられてきます。

このように自分のウエストサイズをあらためて自覚するチャンスを作ることで、だんな様のモチベーションもまた上がります。

もし負けず嫌いのだんな様でしたら、ちょうどいいサイズよりワンサイズ下のパンツを購入して「これがはけるようになるまで、がんばったら、ご褒美をあげる」のように具体的な目標を設定するのも効果があります。

とにかく大事なのはだんな様に「やせれば自分はもっとカッコよくなる」と思いこませること。妻は、夫をカッコよくするために全面的に協力してくれている。それは俺を愛しているからだ。だから俺も頑張るぞ!となれば大成功です。

いかがでしたか?二松流「夫婦愛はメタボを救う」作戦。だまされたと思ってひとつでも実行されてみてはいかがですか?メタボ腹解消までには時間がかかるかもしれませんが、夫婦の愛情だけはすぐにランクアップ間違いなしです!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。