夫婦愛はメタボを救う!妻から夫へ愛の作戦

ここ最近で様々な商品の「カロリーオフ」「糖質ゼロ」が発売されているまと感じることはありませんか?
「カロリーオフ、糖質カットなど新製品も続々と」

季節が冬から春に変わり、服も薄着になるのにあわせて、ダイエット特集などがあちこちで組まれるのは毎年のことですが、今年は特にあちこちで「痩せる」ことが注目されています。
その理由は2008年4月から企業や自治体に実施が義務付けられる「メタボ検診」。正確には「特定健診・特定保健指導」という名称で、メタボリックシンドローム該当者やその予備軍を減らす目的で行われる健康診断です。中高年男性の2人に1人、同女性の5人に1人はメタボか、その予備軍といわれているほど、現代人にとって差し迫った問題。お宅のだんな様は大丈夫ですか?今回は、夫婦愛でメタボを解消する秘策を伝授いたしましょう。

今回行われるメタボ検診。具体的には腹囲測定、血圧検査、血糖値検査、コレステロール値の測定の4つが行われることになっています。
この4項目のうち、血圧検査以降は、企業や自治体で行われる従来の健康診断でも測定されてきた項目で、特に目新しいものではありません。メタボ検診で特徴的なのは、なんと言っても腹囲測定。ウエスト周囲を測った時に男性であれば85センチ以上、女性であれば90センチ以上ならアウト!
女性の腹囲90センチ以上に該当する方というのは、そんなに多くないと見られていますが、男性のウエスト85センチという基準は、40代以降のいわゆる中年太りの層には、かなり厳しい基準かもしれません。

「ウエストが男性なら85センチ以上、女性なら90センチ以上でアウト!」
腹囲が基準値を超え、さらに血糖、コレステロール、血圧のうち2項目で基準値を上回った方は、3カ月以上、継続的な面接などを行い、保健指導をうける必要があると決められており、「検診を受けるだけでは済まされない」というのも、このメタボ検診の大きな特徴です。
働き盛り、忙しい盛りのビジネスマンにとって、この負担はかなり大きなものになりそうです。
アメリカなどでは既に「太っている」=「自己管理ができない人」とみなされ、出世コースから外されるケースが出てきています。
今回のメタボ検診がきっかけで、日本の企業にも、そのような考え方が生まれる可能性もあります。妻としても黙って夫のメタボ腹を見逃していられませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。