再婚カップルが乗り越えなければいけない過去

再婚カップルが乗り越えなければいけない過去
どちらかが再婚である場合、将来の話はもちろん、過去の結婚についても、しっかり話し合うことが必要です。
これは、再婚カップルがぶつかる最も大きな壁かもしれません。
「パートナーの過去の結婚のことも話し合っていますか?」
過去の結婚について語ることは、大抵、将来について語るよりも、つらく、難しい一面を持っています。特に過去の結婚の破綻の原因が、自分にあるような場合は、できれば過去に触れたくない。
事実を隠しておきたいという気持ちも出てくると思います。
しかし、過去の結婚の失敗を自分できちんと見つめることができなければ、これからの新しい結婚生活の将来図も描くことはできません。
特に過去の結婚の“遺産”である子どもの問題、養育費や慰謝料などの金銭的な問題などは、将来にも関わってくることです。言いにくいこと、つらい事実であってもパートナーには真実を伝え、理解しておいてもらわなければいけません。


自分のバツイチ夫に親権があればもちろん、もしなかったとしても、その人は前妻との子どもにも、親として一生関わっていく責任があります。
そして妻としてその人と一緒に生きていくと決めた以上、その相手の過去ともきちんと関わって行く責任が発生してくるのではないでしょうか?

例えば夫の前妻に万が一のことがあった場合、もしかすると自分自身が、血のつながりのない夫の前妻の子と関わりを持つような場面が出てくるかもしれません。
それぐらい、相手の過去を許容する懐の深さが必要だということです。

今回、木村さんの過去も踏まえたうえで、このご夫婦の間で新しく子どもをつくることについてきちんと話し合いがあったのか、えみりさんの方に木村さんの過去をどのくらい受け入れる準備があったのかという点が今回のポイントではと予想しています。

近江鉄道 近江鉄道のエコ対策
近江鉄道 近江鉄道の経営
近江鉄道 近江鉄道時刻表
近江鉄道 近江鉄道多賀線
近江鉄道 近江鉄道八日市線
近江鉄道 近江鉄道本線
大阪府旅行 お笑い編
大阪府旅行 総合編
大阪府旅行 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
大阪府旅行 海遊館
大阪府旅行 宿泊編
大阪府旅行 焼肉の鶴橋
大阪府旅行 大坂城
大阪府旅行 通天閣

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。