セックスレスな現代人

セックスレスな現代人
2007年1月に出版された『仕事とセックスの間』(朝日新聞社出版局出版、玄田有史・斎藤珠里著)の中でも労働時間や職場の環境、仕事の内容や過去のキャリアなど、仕事とセックスには密接な関係があることが指摘されていましたが、私の主宰する「恋人・夫婦仲相談所」に実際に寄せられる相談の例をみても、労働環境(労働時間、職場環境、仕事の責任や負担)が過酷な男性ほど、肉体的な疲れや精神的なストレス、また物理的な時間のなさでセックスレスに陥っています。
「忙しすぎる旦那様はセックスレスにまっしぐら・・・」


具体的には、最初は「セックスしたいけど、少しでも寝なきゃ」という状態だったのが、そのまま放置しておくことで性欲自体が減退し、「セックスしたいとも思わない」という状態に代わってしまう例が大変多く見られます。

一方、子育て中の妻の方も、核家族化で周囲のサポートが少なく、1人で子どもの面倒をみなければならない状況に置かれている場合がほとんどです。
アレルギー等の手のかかる子どもが増えていたり、小さい頃から習い事などを始める人が増えるなど、昔とは違った意味で、母親の育児の負担も増加しています。
そんなストレスを、「夫との会話やスキンシップで癒されたい」また「心地よいセックスで自分自身を開放し、夫に愛されているという実感が欲しい」という欲求を多くの妻が持っています。


しかし、現実には疲れている夫を気遣い、そっと寝かせてあげる妻。話しかけても不機嫌そうなだんな様の様子に会話を途中であきらめてしまう妻。自分から、どうやって「ベッドで愛し合いたい」ということを伝えたらいいのか分からず、1人でもんもんと悩んでしまう妻。こんな妻が日本中にたくさんいるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。